驚きの技術!ワコム Wacom Bamboo Slate S A5はなかなか使えるデジアナ文具だった!

35998378760_f575ded91a_z.jpgこんちゃ。今回はワコムさんからのレンタルさせていただている商品ご紹介いたします。
私が大好きなデジタル文具です。

ワコム Wacom Bamboo Slate S A5対応 ミディアムグレー スマートパッド 電子ノート ボールペンで紙にメモやスケッチを書いてデジタル化 スマホ タブレット対応 CDS610S

手書きメモの電子化についてはこれまで様々な方法がありましたが、技術的な認識度合い含めて、ちょうど良い融合バランスの商品だと思いました。







ワコムさんといえば、ペンタブ市場での業界のスタンダードとなっており、製品を使用されている方も多くいらっしゃるのではないでしょうか。そんなワコムから発売されている、今回ご紹介するBamboo Slateは紙に描いた文字や絵をそのままデジタル化してくれるというなんとも便利な商品です。

スマートパッドと呼ばれる、本体の上に任意の紙を載せて、専用のボールペンで書くとデバイスの中に文字が記録されるという機能です。
ポイントは任意の紙が使えるということ、用紙に縛られることなく、好きな用紙を使用できますので、コスト的にも利便的にもうれしいですね。
Bamboo Slateはバインダータイプになっており、ノートパッド、メモパッドを台座に挟んで固定して使用します。
同じく発売されているBamboo Folioという商品は、二つ折りのノートタイプでどちらも機能的には変わりませんがサイズと形が異なるラインナップとなっています。

これまで、iPadに直接書き込んだり、ノートをScanSnapでスキャンしたりしていましたが、まだまだアナログな会議ではiPadに直接書き込むスタイルに違和感を感じてしまったり、都度スキャンは手間なのでまとまったときにスキャンをしたりとなかなか利便性に欠ける状態でした。
カメラで撮影するという方法もありますが、セキュリティ的にカメラが持ち込めなかったりと制限がある中では難しかったり。

そんななか今回のデバイスはカメラ的なものは付属していませんので、おそらく一般企業のオフィスにも持ち込めるデバイではないかと思います。
iPadなどのデバイスと同期する必要はありますが、オフラインでも使用できるというのが一つの大きなメリットでもあります。
書いた状態がリアルタイムで表示されるライブモードよりも、オフライン状態でも100ページまで保存できる機能のほうが個人的に非常に嬉しい機能です。

パッケージです。
ワコム Wacom Bamboo Slate S A5対応 ミディアムグレー スマートパッド 電子ノート ボールペンで紙にメモやスケッチを書いてデジタル化 スマホ タブレット対応 CDS610S

このようなスタイルで用紙にボールペンでメモを取ります。
A5用紙のサイズが148 × 210mmに対して、本体の大きさが186 x 249mmですので、若干余白部分があります。
重量は281gですので、思いと感じませんでした。少し分厚いバインダーの台座を持ち歩いている感じ。
2.5時間の充電で8時間使用できます。

8時間ぶっ続けで会議することもないかと思いますので、丸一日は持ちますし、会議の頻度によっては2~5日間は持つかと思います。
バッテリーの残量も連動するアプリ、inkspaceでチェックすることができるのでわかりやすい点もGood。

ペンは専用のボールペンです。
ワコム Wacom Bamboo Slate S A5対応 ミディアムグレー スマートパッド 電子ノート ボールペンで紙にメモやスケッチを書いてデジタル化 スマホ タブレット対応 CDS610S

仕組みは電磁誘導方式のようですので、ペンに電池が入っていて筆跡や筆圧の情報を送信しているのかと思いきや、問い合わせたところなんとペンに電池は入っていないというではないですか!仕組みを大々的に公表していないので、謎が深まりますね。

専用のボールペンだけでなく、インクが無くなった場合も専用の替芯を使用しなければいけません。
この替芯が高い…。
黒ボールペン芯 (ACK22207)
3本で税込み1080円です…。せめて1本200円以内にしてほしい…。
互換でも良いだろうということで、別のリフィルでトライされれた方もいらっしゃるようですが、空中に浮いているときの筆跡まで記録されてしまいうまく行かなかったとこの事。
どうもこの替芯の誘電率に合わせて専用設計になっているようですね。
ワコム Wacom Bamboo Slate S A5対応 ミディアムグレー スマートパッド 電子ノート ボールペンで紙にメモやスケッチを書いてデジタル化 スマホ タブレット対応 CDS610S

こちらが専用ペンですが、このペンも紛失した場合は別途購入しなければいけません。
スマートパッド用 Wacom Ballpoint Pen
4860円とこちらもそれなりのお値段ですね。だいぶ良いペンが購入できてしまうので、紛失しないように最新の注意を払わなければいけません。
ワコム Wacom Bamboo Slate S A5対応 ミディアムグレー スマートパッド 電子ノート ボールペンで紙にメモやスケッチを書いてデジタル化 スマホ タブレット対応 CDS610S

交換用の部品が付属していますので、このリング状の部品で心を挟んで抜く方法です。
ワコム Wacom Bamboo Slate S A5対応 ミディアムグレー スマートパッド 電子ノート ボールペンで紙にメモやスケッチを書いてデジタル化 スマホ タブレット対応 CDS610S

専用ペンと替芯に縛られるのが、少し購入をためらってしまう点です。
せめてインクでもジェットストリームなどのリフィルが使えれば良いのになぁと思ってしまいます。
別途感度調整をする必要があっても、好きなリフィルを使用できるというメリットは大きいと思います。
ワコム Wacom Bamboo Slate S A5対応 ミディアムグレー スマートパッド 電子ノート ボールペンで紙にメモやスケッチを書いてデジタル化 スマホ タブレット対応 CDS610S

ワコム Wacom Bamboo Slate S A5対応 ミディアムグレー スマートパッド 電子ノート ボールペンで紙にメモやスケッチを書いてデジタル化 スマホ タブレット対応 CDS610S

本体の裏側はシンプル、ファブリック素材です。
ワコム Wacom Bamboo Slate S A5対応 ミディアムグレー スマートパッド 電子ノート ボールペンで紙にメモやスケッチを書いてデジタル化 スマホ タブレット対応 CDS610S

ワコム Wacom Bamboo Slate S A5対応 ミディアムグレー スマートパッド 電子ノート ボールペンで紙にメモやスケッチを書いてデジタル化 スマホ タブレット対応 CDS610S

ここはペンを差す場所です。紛失しないためにも保管場所があるのは便利ですね。
ワコム Wacom Bamboo Slate S A5対応 ミディアムグレー スマートパッド 電子ノート ボールペンで紙にメモやスケッチを書いてデジタル化 スマホ タブレット対応 CDS610S

このように、クリップ部分を挟んで収納します。
ワコム Wacom Bamboo Slate S A5対応 ミディアムグレー スマートパッド 電子ノート ボールペンで紙にメモやスケッチを書いてデジタル化 スマホ タブレット対応 CDS610S

ワコム Wacom Bamboo Slate S A5対応 ミディアムグレー スマートパッド 電子ノート ボールペンで紙にメモやスケッチを書いてデジタル化 スマホ タブレット対応 CDS610S

電源ボタンです。ペアリング時やページ送りにも使用します。
リセットボタンを除いて操作できるボタンはココ一つです。
ワコム Wacom Bamboo Slate S A5対応 ミディアムグレー スマートパッド 電子ノート ボールペンで紙にメモやスケッチを書いてデジタル化 スマホ タブレット対応 CDS610S

充電用のmicro USB端子です。
ワコム Wacom Bamboo Slate S A5対応 ミディアムグレー スマートパッド 電子ノート ボールペンで紙にメモやスケッチを書いてデジタル化 スマホ タブレット対応 CDS610S

ワコム Wacom Bamboo Slate S A5対応 ミディアムグレー スマートパッド 電子ノート ボールペンで紙にメモやスケッチを書いてデジタル化 スマホ タブレット対応 CDS610S

好きな用紙を使用できるのは非常にメリットです。
おすすめはルーズリーフパッドです。メモパッドのように上部で綴られており、剥がすとルーズリーフとして使用できます。
外したあとはこのように、テフレーヌなどのバインダに挟んでおくと見返すこともできます。
ワコム Wacom Bamboo Slate S A5対応 ミディアムグレー スマートパッド 電子ノート ボールペンで紙にメモやスケッチを書いてデジタル化 スマホ タブレット対応 CDS610S

ワコム Wacom Bamboo Slate S A5対応 ミディアムグレー スマートパッド 電子ノート ボールペンで紙にメモやスケッチを書いてデジタル化 スマホ タブレット対応 CDS610S

パッドの厚みは8mmまで認識可能ですので、結構な枚数があっても認識されるのは凄いです。

では書いた文字の認識比較してみましょう。
こちらがメモ用紙に描いた文字。汚いのは勘弁。
ワコム Wacom Bamboo Slate S A5対応 ミディアムグレー スマートパッド 電子ノート ボールペンで紙にメモやスケッチを書いてデジタル化 スマホ タブレット対応 CDS610S

こちらがデジタル化された文字。
凄いでしょ!
ワコム Wacom Bamboo Slate S A5対応 ミディアムグレー スマートパッド 電子ノート ボールペンで紙にメモやスケッチを書いてデジタル化 スマホ タブレット対応 CDS610S

細かい線もしっかりと認識されています。
ワコム Wacom Bamboo Slate S A5対応 ミディアムグレー スマートパッド 電子ノート ボールペンで紙にメモやスケッチを書いてデジタル化 スマホ タブレット対応 CDS610S

Inkspaceというアプリで同期、読み取りを実施します。
Bamboo paperというアプリにエクスポートできるのでこのように、カラーマーカーで追記したりすることが可能です。
メモ用紙にボールペンで書いた文字を認識して、デジタル化。そこに構成や見やすく修正を加えるというワークフローが可能となっています。議事録などのビジネス用途だけでなく、絵を書く場合も便利なのではないでしょうか?
スタイラスで描くのとは異なる感覚かと思います。そういったようとでもインク縛りは惜しいですね。
ワコム Wacom Bamboo Slate S A5対応 ミディアムグレー スマートパッド 電子ノート ボールペンで紙にメモやスケッチを書いてデジタル化 スマホ タブレット対応 CDS610S

1週間使用しましたが、使用感良いです。
電源に関しては会議後、消し忘れたことがあり挙動に関してよくわかりませんでしたので問い合わせをしました。

「スマートパッド製品は、30分何も操作しないとスリープ状態になります。
そのままボタンも押さず、電源も切らない状態が続くと、ゆるやかにバッテリーがなくなり、電源OFFになります。

電源の自動OFF機能はございませんので、電源をOFFにする場合はボタンを長押ししていただく必要があります。
また、スリープ状態(緑のランプがついていない状態)でノートをとっても、データが残りませんので
ご留意ください。電源のON/OFFにはボタンの長押しが必要ですが、スリープの場合は、ボタンを軽く押していただくと
スリープ解除となります。」

との操作です。
スリープ状態なのかもう少しステータスがわかりやすいと良いかなと感じました。

総じて使い勝手よい商品と感じましたが、結構な本体価格するのとボールペンインクのランニングコストを考えると結構覚悟が必要かと思いますのでもう少し気軽に使用できる価格まで下がってくれると即買い、普及も広がるのではないかと思います。

非常に気になっていた商品をお貸しいただきありがとうございました。


関連記事

コメント

非公開コメント

YouTubeと連動してます、ぜひチャンネル登録お願いします!