雨ジミが付いてしまった革靴を洗ってみました〜Bootblackで仕上げ編〜

30007059371_6f1267b380_z.jpg今回は洗った革靴にクリームを塗って最後の仕上げをします。
スコッチグレインの革靴を長く使いたいので、日々のお手入れは欠かさずに。

仕上げに際して、高価なメンテナンスグッズばかりは変えないので、心強い味方の100均商品も使いながらクリームを塗っていきたいと思います。



サドルソープで洗った後の革靴は、スッピン状態になっていますので保湿栄養を与えましょう。
なんかお肌みたいですね。
サドルソープは完全に洗い流していないので、若干保湿成分は残っていますが、やはり洗剤で洗ったことには変わりないので、保湿をしてあげましょう。
日々のお手入れに便利なのが、こちらのエムモゥブレイのデリケートクリームです。
ぷるぷるしたクリームが特徴のクリーム。薄く塗ってあげましょう。



革靴磨き

次に靴クリームを塗ります。
そこで活躍するのが100均の商品!
普通、靴クリームを伸ばすのは、ペネトレイトブラシという小さくて硬めのブラシを使用しますが、100円で販売されているシェービングブラシを使ってみます。
形そっくりですね!ちなみにダイソーで購入しています。
このシェービングブラシの毛は豚毛と書いてありますので、程よい硬さを持っています。
革靴磨き

パッケージ参考にしてみてください。
革靴磨き

このシェービングブラシで、靴クリームを塗っていきますが、使用するクリームは定番のBootblackというクリームです。
その中でもシルバーラインというシリーズを使用します。
カラーはブラウン。靴クリームの色は迷いますね。非常に多くのカラーが発売されているので、なかなか通販だとどれが一番近いんだろう?という悩みはつきもの。一か八か購入してみるという方も多いのではないでしょうか。
私は無難に定番のブラウンを選択しています。
革靴磨き



これがシェービングブラシの本体です。
革靴磨き

革靴磨き

先が丸いので、平らにカットしておきましょう。ハサミでジョキジョキやると良いでしょう。
革靴磨き

このようにクリームを付けてつま先から伸ばして塗っていきます。
革靴磨き

結構塗りやすくて良い感じ。
左側がクリーム塗布後です。
革靴磨き

そして塗った後の靴磨きクロスも100均です。
革靴磨き

痛まないような素材でできています。
革靴磨き

このように手にはめて使用します。
革靴磨き

クリームを手前の靴のみ塗り終わりました。
革靴磨き

革靴磨き

左が塗った後です、右が塗る前、明らかに光沢が違うのがお分かりいただけるかと思います。
革靴磨き

では、最後にブートブラックのシューポリッシュで仕上げましょう。
革靴磨き



シューポリッシュは少し濃い目のモルトンブラウンをチョイス。
部分使いでグラデーションをかけます。このシューポリッシュは磨くと結構光ります。
左がポリッシュ塗った後。
革靴磨き

このように塗って磨いた部分だけ光沢が出ていますね。
革靴磨き

塗っていない方はマットな感じ。
革靴磨き

革靴磨き

雨ジミも消えてきれいになりました。
革靴磨き

革靴磨き

革靴磨き

参考になれば幸いです。
関連記事

コメント

非公開コメント

YouTubeと連動してます、ぜひチャンネル登録お願いします!