カブトムシ幼虫のマット交換での大量の幼虫!

29926065342_8bbd214b3f_z.jpgカブトムシの卵から幼虫になり、モリモリと土を食べて大きくなっています。
小さい飼育ケースだと手狭になってしまうので、引っ越ししましょう。

また、大量に糞をしますので、ふるいに掛けて取り除きましょう。
その際に新たなマットを追加するとまたモリモリと食べてくれると思います。

私は育成マットはこの2種類を使っています。その時々でアマゾンプライム翌日届くものを見計らって注文しています。

マルカン バイオ育成幼虫マット 10L M-705

SANKO 育成マット10L







表面にある黒い塊がカブトムシの幼虫の糞です。
カブトムシ幼虫

カブトムシ幼虫

元々入れていた朽木はこのように結構食べられています。
幼虫の顎の力は凄いですね。
カブトムシ幼虫

ゴロゴロです。
幼虫は1匹に4リットルのマットを食べると言われています。
しかし、実際は1匹4リットルは厳しいです。百匹いたら400リットル!
10Lの育成マットが40個も必要です。。。
カブトムシ幼虫

途中ですが、重さを図ってみると27グラムくらいのものが多いです。
カブトムシ幼虫

ちょっと汚いですが、お尻から糞が出ます。
最初は軟便ですが、これが固まるんですね。
カブトムシ幼虫

衣装ケースに入れていますが、このように通気口をピンバイスで開けています。
安い衣装ケースは蓋との隙間もあるので、そこを通気としても良いかと思います。
カブトムシ幼虫

大量。
カブトムシ幼虫

これから大きくなっていくので定期的なメンテナンスは必要ですね。
カブトムシ幼虫




関連記事

コメント

非公開コメント

YouTubeと連動してます、ぜひチャンネル登録お願いします!