PlayStation VR買えないって?お手軽3DVRを楽しもう!VOX gear+ 3DVR ゴーグル

27892821875_c00813c963_z.jpgこんちゃ。先日は私も行ってきましたが、東京ビックサイトで3D&バーチャルリアリティ展も開催されたり、SONYからはPlaystation VRが発表されたりと、VR元年と呼ばれているこの頃ですが、自宅でお手軽3DVRを楽しめ商品を紹介します。

Oculus Rift VRをはじめ、HTC Vive、PlayStation VR、FOVEと数多くのHMDが発売されていますね。
今回紹介するゴーグルは一番単純な仕組みの機構の商品です。
仕組み的にはgoogle cardboardと同様に、スマホをさしてVRを楽しむというものです。
VOX gear+ 3DVR ゴーグル 3Dメガネ HMD 素晴らしい3D体験 焦点/瞳孔距離調節可能 4- 6.5インチのスマートフォンに適用 GoogleDIY ビデオ 映画ゲーム用
※モンモン趣味屋さんからのレビュー用提供品です。




しっかりとした筐体で、ダンボールより全然良いです。
再生デバイスに左右されますね、SONY XPERIA Z3でローラーコースターを見たら、完全に酔いました。
FPSが不足ていると思います。
VOX gear+ 3DVR ゴーグル

商品の内容です。
本体に加え、レンズクロスと小さいサイズ用の遮光パネルが付属しています。
VOX gear+ 3DVR ゴーグル

本体は白基調で大きいスノボゴーグルといった感じ。メガネを掛けたまま装着可能なゴーグル以上の大きさがあるかと思います。
VOX gear+ 3DVR ゴーグル

こちらが遮光パネルです。
別途取り付ける必要があります。
VOX gear+ 3DVR ゴーグル

レンズです。
レンズを内側から回転させて焦点距離を調整します。装着しながらレンズの内側を操作することになりますので、とても調整はしにくいです。
VOX gear+ 3DVR ゴーグル

顔に接する部分のスポンジは取り外し可能で、洗うことができます。
VOX gear+ 3DVR ゴーグル

ここにスマホをはさみます。
VOX gear+ 3DVR ゴーグル

VOX gear+ 3DVR ゴーグル

SONY XPERIA Z3は少し光が漏れるので、遮光パネルを装着しました。
スマホを置くための台の部品を外して、パネルを入れてからまたはめます。
VOX gear+ 3DVR ゴーグル

このようにスマホを挟みます。
VOX gear+ 3DVR ゴーグル

あとは、映像の真ん中とゴーグルの真ん中が合うように、一を調整して完成です。
瞳孔間距離は下部にあるレバーでレンズの距離を変更することが出来ます。
焦点距離はレンズを内側から回して調整しますが、なかなかやりにくいですし、ちゃんと変わっているのかわかりにくいです。

あとは、スマホのアプリをダウンロードして閲覧するのみです。
まずは、ジェットコースターを見てみました。
VOX gear+ 3DVR ゴーグル

が、一発で酔いました。

fps不足かな、体は動いていないのに映像のみ動いているので、おかしく感じるんだと思います。
このあたりの違和感が、HRCではまだましになっているのを体験はしていますが、Playstation VRはどのくらい抑えられているのか楽しみです。120fpsあれば違和感を感じないのかな。

モノの作りとしてはしっかりと出来ており、fps稼げるスマホで激しい動きの映像でなければ、迫力を感じれると思います。
まず、どんなものかお試しにはピッタリのゴーグルと思います。

関連記事

コメント

非公開コメント

YouTubeと連動してます、ぜひチャンネル登録お願いします!