こりゃ便利!トレイルランニングにはコンパクトな3Lサイズのリュックがお勧め!「グレゴリー TEMPO3」

tempo3.jpgみなさん走っていますか!?
私は全然走れていませんが、大会は近づいてきております。
今年は今のところ名古屋アドベンチャーマラソンと、名古屋シティマラソン(毎年落選中)、犬山ハーフマラソンはエントリー済。

しかしながら、体が重く全然走れる気がしません。

そして最近は少しトレイルランニング的なコースも走ったりと、スパイスをきかせていますが、もっと長距離を走らないといけないですね。

今回は、そんなトレイルランニングに必須のツール、小さい小容量のランニング用リュックを紹介いたします。
バッグで有名なグレゴリーから発売されているTEMPO3というリュックです。

GREGORY(グレゴリー) 2013NEWカラー TEMPO 3 ML (3L)ブレイドシルバー

実際に私が購入したモノ



Youtubeでも動画で紹介していますので、若干はわかりやすいかと。


【購入動機】
きっかけは、やはりトレイルランニングというものをしてみたいという思いからです。
普段、ランニング用のウエストポーチは着けているのですが、スマホと家の鍵くらいで、そんなに容量が入るものではありません。
トレイルということで、自然に入ると、歩道のわきに自販機があるような世界ではなくなるので水分補給のためにやはりペットボトルは持っておきたいなぁと思いました。
そう考えると、ペットボトルとスマホ、タオル、ちょっとした補給食くらいを入れて置けるポーチがほしいなと思うようになり、なかなかウエストバックタイプだとランニング用というより普段使いのトレッキング用のものしかありませんでした。
トレイルの方々を見ると、小さいりリュックを背負って走っているのでこれだったら便利と思い、名古屋栄にある好日山荘に出向きました。

いくつかランニング用のリュックは販売していましたが、セール品というか型落ちなのかな、でやすかったこのグレゴリーのTEMPO3というリュックを購入。その名の通り、3Lのランニングリュックです。
感覚的には3L以上入るのではないか?と思うくらいそこそこ容量ある感じ。



いくつか迷ったのですが、一番迷ったのがノースフェイスのランニングリュック「ノースフェイス(THENORTHFACE)マーティンウィング6」です。このブラックが置いてあったのですが、シルエット的にはこちらがかっこよく、非常に迷いました。



結局、グレゴリーを選択しましたが、今でも若干いいなぁと思っています。
しかし、ノースフェイスのMartinウイングは腰のところにもベルトと収納が付いており、ちょっと大がかりかなと思ったのと、グレゴリーは最初からハイドレーションが付いているのでとてもお買い得感がありましたので、値段も安いグレゴリーにしました。

結果として、グレゴリー買ってよかったとは思いますが、腰の部分に収納があるノースフェイスもほしいなぁという感じ。
ハイドラパックはあるので、ノースフェイスと合わせて使用するのもありかなと。
とはいえ、そんなに回数使っていないので、まずは回数こなしてからですね。

【良い点】
・安かった
・ハイドラが付いている
・シルエットすっきり
・ポケットが結構ある、外に独立式ポケットがある

【いまいちな点】
・カラーがかっこ悪い
・子供用のちっちゃいリュックを背負っているようでスタイルが悪い
・一度収納するとおろさないと荷物が取れない、手の届く範囲でアクセス可能な収納がない

といったところでしょう。
トレイルランニングなど、ランニング人口が増え続けているので、今後も便利なアイテムが多く登場してくれることを期待します。

お勧めのランニングリュックがありましたら教えていただけるとうれしいです。

2Lハイドラと500mlペットボトル、タオルを入れた状態です。
グレゴリー TEMPO3

グレゴリー TEMPO3

ちゃんとしたハイドラパックが付いているのもうれしいです。
ハイドラパックは保管に気を付けないと、衛生の悪いカビなどが生えるとのこともあり、私は使用した後水でしっかりとあらって、すぐに冷凍庫に入れています。
今のところカビや劣化などの問題はありません。
グレゴリー TEMPO3

グレゴリー TEMPO3

グレゴリー TEMPO3

救急用品や鍵をつけておくのもあります。
グレゴリー TEMPO3




関連記事

コメント

非公開コメント

YouTubeと連動してます、ぜひチャンネル登録お願いします!