Bluetoothヘッドホンはこれに決まり!と思って購入したら新商品「MDR-1ABT」発表が…「MDR-1RBTMK2」を購入!

15667202143_313c9642ec_z.jpgこんいちは。今日は毎日のパソコン、スマートホン生活にとても便利なオーディオ商品を紹介します。

これまで、SONY MDR7506やオーディオテクニカのATH-A900Xなど主に有線タイプのヘッドホンを紹介してきましたが、今回紹介するのはBluetoothワイヤレスヘッドホンです。

SONY ワイヤレスステレオヘッドセット MDR-1RBTMK2

購入のきっかけはSONY XPERIA Z3のスマートホンを購入したことになります。
これまでBluetoothのヘッドホンは音質が悪かったり、バッテリーの持ちが悪かったりという印象があり、購入意思が沸かなかったのですが、このMDR-1RBTMK2は評価も上々、ビックカメラで視聴してなかなか良かったので購入いたしました。

aptx-x対応というのも高ポイントです。

今回、ワイヤレスヘッドホンを購入してその快適さに驚いております。




昨年購入しました。
そろそろ後継機種が出るのでは?と言われている中でしたが、商品に納得して購入しました。
が、やはり発表されてしまいましたね。

CES2015でSONYが、BluetoothヘッドホンのMDR-1ABTを発表しました。
2015年春に399.99ドルで発売とのことで、1Aの音は非常に好みですので、素直に欲しいと思います。
が、まだ発売が先なのと値段が結構するので、現段階ではこのMDR-1RBTMK2がコスト的にも良いかなと納得しております。

MDR-1AのBluetooth版で、SBC、AAC、apt-Xに加え、ハイレゾ対応ウォークマン「NW-ZX2」で新搭載されたBluetoothコーデック「LDAC」に対応しています。
NW-ZX2までは手を出そうと思いませんが、ハイレゾ相当の音質まで聴けるとのLDACは非常に興味があります。

ハイレゾ対応のスマートホンXPERIA Z3がLDACにアップデートで対応してくれれば神対応ですが、ハード的に可能なのかもよくわかりませんね。

使用してみての感想は
・apt-x接続が非常に便利!ランニング用のイヤホンMDR-AS800BTでも同様のNFC連携が搭載されていますので使い勝手はわかっていたのですが、ヘッドホンでも使えると本当に便利ですね。
ハウジング部分にかざすだけでXPERIA Z3と接続完了です。終了時もかざすだけで切断されます。
頻繁に使用するにはこういった地味な接続が早いと使用頻度も高まります。

・apt-x接続で音が良い!Bluetooth接続と思わせないような音質です。個人的にはもう少し高音域が伸びるといいかなぉと思いますが、ながら作業でリスニングするには十分かなと思います。有線で使用するだけでしたら高価なヘッドホンと思いますので、他をおすすめします。

・ワイヤレスが便利!これは思っていた以上に便利です。ケーブルを接続する手間もなし、トイレに行きたくなってもそのまま、なおかつ音楽を聞きながら行ける。作業のストレスになりません。

・バッテリーの持ちが良い!
 30時間持ちますので、バッテリーを気にしなくても良いです。気がついた時にUSBを挿しておけば問題なし。
 ただ、電源ONの時に音声でもバッテリー残量を教えてくれると完璧なのになぁと思います。

・イヤーパッドの装着感も良い!
 長時間装着していても痛くなって付けれないことはないです。若干蒸れますので少し通気をしてあげることはあるかと思います。

・シンプルデザインが良い!
 赤いリングのアクセントが入ったシンプルデザインが良いです。ポップなものや明るい色のものはちょっと浮いちゃうので、個人的にこれぞヘッドホンといったブラックが好きですね。

ということで、音が良い有線のヘッドホンはあまり最近は使わず、このMDR-1RBTMK2をもっぱら使うことが多いです。

ただMACBOOK PROでもapt-x接続でYosemiteで使用できるのですが、どうも接続が毎回ペアリングしないと上手くいかない。何故か知っている方いたら教えて欲しいです。

Windows8のSurface Pro 3はスムーズに接続できています。

SONY MDR-1RBTMK2

シンプルでデザインよく出来ていると思います。
SONY MDR-1RBTMK2

ここにはMK2表記はありませんね。
SONY MDR-1RBTMK2

NFC接続が便利です。
SONY MDR-1RBTMK2

再生制御やNFCのON/OFFはこちらにボタンが有ります。NFCがONだと電源OFFでもかざすとONになるので、微弱な電波は有効なのかなと思います。
SONY MDR-1RBTMK2

電源やケーブル接続部分です。ケーブル端子の蓋が樹脂のスマホのカバーみたいですので、へたりやすそうで少し残念。
SONY MDR-1RBTMK2

パッドは心地よいです。
SONY MDR-1RBTMK2

パーティングラインが残念ですが、質感もなかなかよく、使い倒したいヘッドホンですね。
バッテリーも交換式ではないのでヘタってくるかと思いますので一生ものとまではいかないと思いますので、ガンガン使いたいです。

apt-x接続対応機種を持っている方には特におすすめします。
より高音質を求める方は別途有線タイプも検討するか、また、1ABTを待ってみても良いかと思います。

いずれにせよ、試聴することを強くおすすめします。




関連記事

コメント

非公開コメント

YouTubeと連動してます、ぜひチャンネル登録お願いします!