SONY DSC-RX100M2で花火撮影!ポイントといまいちな点。第32回全国新作花火競技大会リベンジ!

15232947091_64470333d7_z.jpg

こんばんは。
今日も花火大会の紹介です、今年最後かな。
大会は長野の諏訪湖で毎年開催されている全国新作花火競技大会です。
8月15日の諏訪湖祭湖上花火大会は後半本降りの雨でしたので、リベンジということで観てきました。
諏訪湖マジック!終了と同時に雨が降ってきましたが、演技中は良いコンディションで見ることが出来ました。
しかし、KISS OF FIREのクオリティアップを期待します。
ちょっとズレ過ぎですね。


ビジネス、高級旅館!国内宿泊なら、るるぶトラベル!





動画はほとんどCANON IVIS HF G10です。




毎年欠かさず観に行っています、諏訪湖の全国新作花火競技大会、今年も天候を気にしながら行ってきました。
最近は、松本あたりに宿をとって、駐車して電車で行く方法をとっています。
昔は駐車場に泊めて歩いて会場まで行っていたのですが、結構疲れるのとアルコールが飲めないので最近は電車利用です。
松本から上諏訪までですが、帰りは座れないとちょっと疲れますね。



2014_0906_2014諏訪湖第32回全国新作花火競技大会

2014_0906_2014諏訪湖第32回全国新作花火競技大会


写真撮影はSONY RX100M2のみ!

一眼レフを持っていくのやめています。
SONY RX100M2だけで写真撮れるのか?トライ中。
結果、完全に置き換えられないがそこそこ撮れそう。絞りF11までしか絞れませんが、芯は白飛びしてしまうので今後の課題です。今回はjpegオンリーでしたので、RAWで調整代がどこまでいけるかやフィルタかまして光量下げてみたり、露出下げたりできることはありそう。
良い解放が無いかな。

三脚は前回の諏訪湖に持っていったマンフロットのミニ三脚PIXIではちょっと低いという経験から通常のSLIKの三脚を持って行きました。もう少し低いミニ三脚があると最適です。

レリーズケーブルはRX100M2のマルチ端子に対応しているリモートコマンダー RM-VPR1を使用しています。
6000円もします。


SONY RX100M2のパノラマ撮影

折角なので、パノラマ撮影とやらを試してみます。
モードダイヤルをパノラマモードにして、シャッターを押して横にパンするだけ。
あとは自動で合成してくれます。
なかなか優秀じゃないですか!こういった広い風景を撮るには良いですね。
結構な解像度になるので注意です。
2014_0906_2014諏訪湖第32回全国新作花火競技大会

2014_0906_2014諏訪湖第32回全国新作花火競技大会




天候

開始前の天気はこんな感じ。いつも諏訪湖はこんな曇りですね。
大会終了まで雨はふらずにもってくれました。終了直後に降ってきましたが…。
2014_0906_2014諏訪湖第32回全国新作花火競技大会



結構ちゃんと撮影できる!

マニュアルモードにしてシャッター速度をバルブ撮影にし、F11にして準備完了。
最初、バルブ撮影どうやるんだろう?とちょいと悩みました。
フォーカスはマニュアルフォーカスです。最初はピントをあわせるために捨て写真を何枚か撮影しましょう。
ほぼフォーカス無限でよいですが、若干ポイントがずれていたりしますので微調整が必要です。

一眼レフと同様の感覚で撮影はできます。撮影終了後の書き込みラグも少なく、サクサクと撮影できます。
ここは動画を撮りたい!といったときもリモートコマンダーに動画撮影のボタンがついていますので、使い分けもできますね。
しかし、動画は音声がよくないです。花火はパンパンという感じでいまいち。
あと、やっぱり諏訪湖レベルの花火大会になると、打ち上がる規模、範囲も広いため広角側でも足りません。
RX100M2の広角は弱いので、そこが不足と感じました。一眼レフであれば、広角レンズでおさまるだろうなというショットも多くあります。そのあたりはSONY RX100M3も魅力的ではありますね。

2014_0906_2014諏訪湖第32回全国新作花火競技大会

2014_0906_2014諏訪湖第32回全国新作花火競技大会


白飛び!

光量過大で、結構このように芯が白飛びするショットが多いです。
爆発時に隠して撮影する手法もありますが、ある程度玉を残しつつ上手く撮影できないかな。

2014_0906_2014諏訪湖第32回全国新作花火競技大会


横向き撮影の限界

尺玉が入らない、このくらいの規模の打ち上げだと何とかカメラを横向きにしても入ります。

2014_0906_2014諏訪湖第32回全国新作花火競技大会

しかし、このように結構高く上がるものと湖面を合わせて撮影しようとすると、上が切れてしまいますね。
こういった観点から、花火はより広角レンズが肝になってくると感じました。
上の花火だけフォーカスすればよいのかもしれませんが、個人的には湖面ということを入れて撮影したいんです。


2014_0906_2014諏訪湖第32回全国新作花火競技大会

2014_0906_2014諏訪湖第32回全国新作花火競技大会



縦向き撮影

縦向きがしっくりくる感じでした。


2014_0906_2014諏訪湖第32回全国新作花火競技大会

2014_0906_2014諏訪湖第32回全国新作花火競技大会

ビールジョッキです!長時間露光しているので、こういうシルエットになってしまいますが、瞬間ではちゃんとビールジョッキに見えていました。新作らしい花火ですね。


2014_0906_2014諏訪湖第32回全国新作花火競技大会

諏訪湖祭湖上花火大会と違って、打ち上げ場所が狭いので、スターマインでもこのように縦向きで入りきるショットが多いです。


2014_0906_2014諏訪湖第32回全国新作花火競技大会

2014_0906_2014諏訪湖第32回全国新作花火競技大会

2014_0906_2014諏訪湖第32回全国新作花火競技大会

この新作花火大会は3号玉10発と10号玉2発のルールですが、3号と10号の打ち上げ高さが大きく変わるので、その度にカメラをずらす必要があります。この辺りはコツが必要ですね。とはいっても毎回同じような位置に上がるので慣れます。

2014_0906_2014諏訪湖第32回全国新作花火競技大会

2014_0906_2014諏訪湖第32回全国新作花火競技大会


クライマックスのキッス・オブ・ファイア

タイミングがずれずれです…。
中央の打ち上げが早すぎて最初に終わってしまいます。その後、右側が終了して、最後申し訳無さそうに左側が爆発し続けます。
あと、姫菊あったっけ?
来年に期待です。

画角の狭さが顕著なのがKISS OF FIREの撮影です。

縦向きだとこのように、収まりきらず、どこを収めればよいのかブレながら中途半端に。


2014_0906_2014諏訪湖第32回全国新作花火競技大会

横向きでもこんな感じ…。

2014_0906_2014諏訪湖第32回全国新作花火競技大会

一つを切り取ってこんな感じ。


2014_0906_2014諏訪湖第32回全国新作花火競技大会

ちなみに昨年はこんな感じ。
PENTAX K-5IIsで18mmです。
2013 諏訪湖新作花火大会(2013 SUWAKO New Fireworks)

2013 諏訪湖新作花火大会(2013 SUWAKO New Fireworks)

やっぱ一眼かな。



A photo on Flickr
A photo on Flickr
A photo on Flickr
A photo on Flickr
A photo on Flickr
A photo on Flickr
A photo on Flickr
Created with flickr badge.







関連記事

コメント

非公開コメント

YouTubeと連動してます、ぜひチャンネル登録お願いします!