USBバスパワーですみません。SD 5.6MHzまで対応しているUSB-DAC&ヘッドホンアンプのFOSTEX HP-A4

12088116103_170552eb8a_z-1.jpgこんちゃ。今日はいい音で楽しみたいという方にオススメの一品。

音響機器メーカーで有名なFOSTEXのヘッドホンアンプFOSTEX DAC & ヘッドホンアンプ HP-A4です。

ちょっと良い音でマックブックプロから音楽を聴きたいなぁということで、色々吟味してこちらを購入しました。

さて、いい音が出たでしょうか?


手軽にDSD音源が楽しめる「Fostex HP-A4」がいいよ!

Dac搭載のヘッドフォンアンプ買いました。
品薄のコレ、 「Fostex HP-A4」です。

ちなみにヘッドホンアンプは初めて購入しますので、自分が買ったのがよく見えるプラシーボ効果入ってると思ってください。

これまでfostexのFE108Σを使った自作バックドロンホーンスピーカーやBOSEの111AD、イヤホンではアルティメットイヤーズのSupee fi 5proなど、デスクトップPCではサウンドカードや、BOSEの1705IIアンプ、YAMAHAの古いDSP AVアンプを使ってよく聞いていたのですが、最近ヘッドフォンも引っ張り出して聞くようになり、良い音が欲しくてヘッドフォンアンプを調べました。

パソコンのアナログ端子は音が濁っているので、USB,光接続でより良い音が出せるUSB-DACに的を絞って検討です。
最初はFiiOのANDES E07Kなどポータブル式を検討していたのですが、そもそも持ち運ばないなぁと思ったり、据置型のほうが余裕を持った音が出せるんじゃないかということで据置型にしました。

他に検討した機種としてはKORGのDS-DAC-10やTEACのUD-H01などのUSB接続のDACがあげられます。
ヘッドホンアンプとしてはFOSTEXの方が良いだの、USBドライバが不安定などの事前情報もあり結局FOSTEXを購入することにしました。

店頭で視聴しても周りの音がうるさいのでオープン型のヘッドホンでは全く参考にならず、ネットの情報だけを頼りに決めた形になります。
ネット上にはアンチもいますし、自分の購入した機種を良く言う傾向にもあるので、鵜呑みには出来ないけど、ある程度参考にしながら検討しましたが、結局は”買ってみないとわからない”ですね。

元々はFOSTEXのHP-A3に決めていたのですが、DSD未対応と96kHzにPC側でアップサンプリングされてしまうというちょっと特殊な仕様、設計が少し古くなってきたのが否めない中、1万円ほどの差額でHP-A4が変えてしまうのでHP-A4を購入です。

USBバスパワーで動作しながら、DSD 5.6MHzおよび最大192kHz/24bitのPCM音源を再生できるのが特徴です。

サイズも非常にコンパクトで、家の中で部屋の移動なども問題なくこなせる小さいアンプです。

見た目はブラックでシンプル、とてもかっこよいと思います。
USBバスパワーですのでマックブックなどのノートパソコンとの相性も良いですが、バスパワーに対しては否定的な意見が多いように感じます。バスパワーだから見送りとか、セルフパワーじゃないと音が弱いという声ですね。

確かにセルパワー端子もついていたら完璧なのにとは思いましたが、これで十分に感じています。

それよりも可搬性の良さを取りました。USBに加えて電源も持たないといけなくなると面倒ですしね。

いざ購入となると、売っていない。入荷待ち・取り寄せばかり。家電店舗に問い合わせまくったが、無い。
ビックカメラ、Joshin、ソフマップ、ケーズデンキ、エディオン、ヤマダ電機、ノムラ無線、と愛知県の思いつくところを探したが売ってないですね、取り寄せです。

アマゾンはメーカー希望価格より全然高いという詐欺的な値付け。カカクコムの販売店情報でもほとんど売り切れ、問い合わせ、取り寄せ。

そんななか、運良くJoshin電気が在庫あり購入。初回ロットが売り切れ、次の入荷待ちが殆どで、今現在はJoshinさんも売り切れで入荷待ち状態となっています。

さて、音の方は…

まずはヘッドホンで聞いてみました。

再生プレーヤはMacの再生ソフト Audirvana Plusです。これはiTUnesで再生するのと比較してかなり音質が良くなります。audirvanaでのHP-A4の認識は最高が353kHzまでOKと認識してしまうので、Limitで192kHzに変更しなければいけません。
アップサンプリングで192kHzで試聴します。

ヘッドホンは
オーディオテクニカのATH-AD900Xというオープンエアーダイナミック型のヘッドホンです。

音場が広く、開放的な音が特徴ですが、その開放感はそのままで、音の分解能が向上して一つ一つの音がはっきりと聞き取れるようになりました。硬いわけではないですが、メリハリのある音でクリアになりました。

あと、900Xは高温域が強く、サ行が少しきつい感じがしましたが、このアンプを通すと、若干抑えられ、低音域も伸びてきてバランスが良くなっています。

次にソニーのヘッドホンMDR-7506です。
900STの姉妹モデルで、モニター用に最適かつリスニング向けに低音域が少し出るヘッドホンです。
高い解像度がそのままに、よりクリアになり、アナログ接続より一つ一つの楽器が分かれて聞こえます。

USBケーブルの交換やオペアンプ交換(まだカバーを外していない)はまだですが、この価格で十分良い音を出してくれていると個人的に感じます。セルパワーで動かしたらどう化けるかは気になるところですね。

フロントのボタンの出しろがボタンごとに少し違うのが作りとしては気になります、あとはUSBは奥まで刺さらないので中途半端な感じが正しいのが少し気持ち悪いですね。

振動防止のゴムのおかげで机の上などで横に掛かる力にはすぐには動かないのも良いと思います。
ノートパソコンとの組み合わせで、家の中で可搬して使いたいといったニーズにはピッタリのヘッドホンアンプでないでしょうか?
なかなか置いてなくて試聴できないのが不安だと思いますが、メイドインジャパンとして少しは安心できるのでないでしょうか?
フジヤエービックさんでも開封してA3のように紹介してほしいものですね。



シンプルでなかなかカッコいいデザインです。
FOSTEX HP-A4

FOSTEX HP-A4

BOSEのアンプとの相性も良かった。
BOSE 1705II

FOSTEX 108Σを使った自作のバックロードホーンとBOSE111ADなどで聴いています。
BOSE 111AD



次回入荷1月末FOSTEX HP-A4

【送料無料】【smtb-u】FOSTEX/フォステクス 【納期1~2カ月程度】 DAC&ヘッドホンアンプ HP-A4...

【送料無料】【smtb-u】FOSTEX/フォステクス 【納期1~2カ月程度】 DAC&ヘッドホンアンプ HP-A4...



関連記事

コメント

非公開コメント

YouTubeと連動してます、ぜひチャンネル登録お願いします!