お手軽価格で高性能のBluetoothマウス Logicool M555bはおすすめします。

LOGICOOL ワイヤレス レーザー式 2ボタン  M555b

こんちゃ。

今日はマウスの紹介です。
これまでMacbookProでは主にトラックパッド、マウスはM305使っていたのですが、最近チャタリングがおきてきたのと、スリープ時にUSBレシーバーを抜き差ししないと復旧しないのでこちらのマウスを買ってみました。
ロジクールのマウスですが、ほとんどチャタリング起きちゃいますね。仕方ないのでしょうか。

LOGICOOL ワイヤレス レーザー式 2ボタン  M555bです。



お値段2000円程度と、試しに買って見るには最適の価格。
あまりBluetoothのマウスってラインナップないんですね。AppleのMagic Mouseとも迷いましたが、値段が高いのとクリック感やスクロール感がどうなのかなぁというのが気になり見送りました。デザインはマッチして良いんですけどね。

結果、満足しております。

ペアリングもスムーズ、スリープ復旧時も直ぐに接続がつながります。
ちなみにMacbook pro 13.3inch レティナモデルを使用しております。

電池は単3電池2本、同梱されております。MacではControlCenterというSWを入れてボタンの割当が出来ます。

電池は1日使用して71日と表示されています。公には2.5か月持つと書いてあります。
このあたりの消費はウォッチしたいと思います。

デザインはシンプル、ちょっと丸みがないのでM305のように手にフィットする感じは足りないです。
指先でつまむ感じのスタイルとなります。

ホイールは押し込むとスクロール感がないスムーズなモードになりますので、ホイールクリック自体がホイールでは出来ません。
コントロールセンターを利用して、その下の小さいボタンに中央ボタンを割り当てて使用する事となります。
MacではExposeなど割り当てることも可能ですので好きに使えます。

私はこの独立ボタンによる中央ボタンは好みです。ホイールの押し込みはいまいち押しこむ力点が定まらずに気持ち悪い。このボタンですと確実に押せるので良い感じです。
まぁ逆のレビューの方が多いですけどね、主にブラウザで新規タブでリンクを開くのに中央ボタンを使用しています。

とにかくBluetoothマウスとしては堅い、特に尖った性能はない、ボタン数も普通といった無難という言葉が最適かもしれませんがオススメのマウスです。

Logicool M555b

Logicool M555b

Logicool M555b

Logicool M555b

Logicool M555b

関連記事

コメント

非公開コメント

YouTubeと連動してます、ぜひチャンネル登録お願いします!